チベット仏教における曼荼羅(マンダラ)は、「仏の悟りの境地」や「世界観」「宇宙感」などを、幾何学模様で表した体系図で、僧侶が自らの信仰心で描いたり、仏画師が仏や菩薩を敬うスピリットを受け継ぎながら、伝統的な技法によって描き続けれてきた芸術品でもあります。 神様の存在を文字と図形によって表現した、美しい真言・曼荼羅(マンダラ)です。

曼荼羅(マンダラ)は、サンスクリット語で「本質的なもの」という意味をもつネパールの伝統芸術です。
布地のキャンパスに、宝石を砕いて溶かした岩絵の具に、膠(にかわ)を混ぜて色を定着させます。赤は珊瑚、青はラピスラズリ、緑はマラカイト、黄色はアラゴナイト、金色は本物の金粉を使用します。

曼荼羅(マンダラ)から発せられる清浄なエネルギーによって、お部屋は神聖なパワースポットになるでしょう。また、物事のすべてを直感的に正しく見通せるスピリチュアルパワーが強まると云われています。

曼荼羅は、自分の心を癒し、善き方向へ向かうためのツールです。 毎日少しの時間だけでも構いません。曼荼羅を前にして、目を閉じ、静かに自分の心と向かい合ってみませんか。そして、自分の本当のこころの声に耳を澄ましてみましょう。 その時間が、あなたがより善く生きるための大切なステップになるはずです。

日本製のシンプルな額縁を使用していますので、和室、洋室を問わず気軽に飾っていただけます。

額寸法:32cm×32cm
作品寸法:26cm×26cm
額縁色:ブラック











願望成就の必携アイテム!
【パワーストーンのお手入れは!】
ホワイトセージ&水晶さざれ石セット
特価:4,104円(税込)

【第1位獲得!】 【肉筆1点物!】真言・曼荼羅B-その他

Copyright © 【第1位獲得!】 【肉筆1点物!】真言・曼荼羅B-その他 All Rights Reserved.